神奈川にあるマンションで改修を行いました

マンションの大規模改修工事では打合せ日程調整が難しい

私が住んでいる分譲マンションで少し規模の大きな改修工事が行われました。
いろいろと大変でしたが、無事に工事が完了したのでホッとしています。
物件があるは神奈川県横浜市で、交通の便がよいため空き部屋はごく少数しかありません。
建築から25年が経過したため、思い切った改修工事を行うことになりました。
これまでにも小規模な工事は行っています。
建物の外壁の再塗装や、マンション敷地内の通路の再舗装などです。
25年目となる今回は、外壁塗装に加えて屋根の点検(防水処理)や給排水のパイプの点検を行うことが事前に決まっていました。
今回の最初の難関は、管理組合の理事会の日程でした。
理事会は定期的に開催していますが、規模の大きな修繕がテーマとなると参加希望者が多く、日程を決めにくい状況です。
土曜日や日曜日が休みではない人がいますし、夜しか出席できる時間帯がない人もいます。
このとき私は役員のひとりだったので調整役をやりましたが、結局1回の打ち合わせでは足りず、複数回の開催をすることで決着しました。
実際に話し合ってみると、修理したい部分がいろいろ出て、屋外駐車場の一部に屋根を追加する話も検討されたのを覚えています。
要望をすべてかなえようとすると予算が足りず、追加負担を求めると住民の理解が得られそうにないので屋根の追加は3年後をめどに実施して修繕箇所は変更しないことで結論となりました。

マンションの大規模改修工事では打合せ日程調整が難しい工事中の注意事項の周知や安全確保が大変マンションは各世帯の協力がなければ設備を維持できない

マンション 改修 神奈川マンション修繕 神奈川